メイウェザー年収は生涯分稼いでいる⁉︎妻や女関係と逮捕歴とは⁉︎

2018年12月31日大晦日に行われる格闘技イベント「RIZIN」に参戦することが決まったメイウェザー選手。

50戦50勝無敗という圧倒的な戦績を記録し、史上初無敗のままでの5階級制覇という偉業を達成。

そんなメイウェザー選手が、2018年大晦日に日本の格闘技団体「RIZIN」ヘ参戦することが発表され大注目を集めています。

そこで今回は、メイウェザー選手の生涯分とも言われている年収女関係についてみていきたいと思います。

また、メイウェザー選手の逮捕歴についてもみていきましょう。

スポンサーリンク




メイウェザー プロフィール

フロイド・メイウェザー・ジュニア

  • 【生年月日】1977年2月24日
  • 【出身】アメリカ合衆国ミシガン州グランドラピッズ
  • 【身長】173cm
  • 【階級】スーパーフェザー級~スーパーウェルター級
  • 【戦績】50戦50勝0敗(KO勝ち27回)

メイウェザー選手は歴代のボクサーの中でも最も高額なファイトマネーを稼いでいる選手です。

階級はスーパーフェザー級からスーパーウェルター級まで5階級制覇をしています。

無敗での5階級制覇は史上初の記録。プロボクシングの戦績は50戦無敗で連続無敗記録を更新しています。

メイウェザー選手の家系はボクシングエリートばかりです。

トレーナーのメイウェザーシニアは実の父親であり、ロジャー・メイウェザーとジェフ・メイウェザーが叔父にあたります。

メイウェザー選手は、2017年のマクレガー戦を最後に引退を表明しました。

しかし、マクレガー戦の前のアンドレ・ベルト戦で一度引退宣言をしていたメイウェザー選手。

マクレガー戦は2年ぶりの現役復帰戦となりました。

世界で最も大金を稼ぐボクサーとしても有名なメイウェザー選手。

豪快な暮らしっぷりを自信のインスタグラムにアップし「金の亡者」と言われ、あだ名は「マネー」。

メイウェザー選手本人も認めるほどの金の亡者です。

メイウェザー選手ははディフェンス重視のボクサー。

豪快にKOをしたり手数もあまり多くはないタイプのボクサーなため、KO率も低く判定決着が多い選手です。

しかし、5階級制覇の偉業と50戦無敗の大記録は圧倒的なディフェンス能力と並の選手でないことはわかります。

強い相手との対戦をさけて、勝てる相手を選ぶということも多かったそうです。

また、アメリカの経済誌フォーブス」が毎年発表する年収の多い世界のスポーツ選手ランキングでは1位に輝いているメイウェザー選手。

リオネル・メッシ選手やクリスティアーノ・ロナウド選手を抑えて世界一稼ぐ選手です。

今後のメイウェザー選手の活躍には注目が集まります。

2018年世界のスポーツ選手年収ランキングトップ10

1位:フロイド・メイウェザー・ジュニア【ボクシング】

  • 年収:2億8500万ドル(日本円:約313億円)

2位:リオネル・メッシ【サッカー】

  • 年収:1億1100万ドル(日本円:約126億円)

3位:クリスティアーノ・ロナウド【サッカー】

  • 年収:1億800万ドル(日本円:約122億円)

4位:コナー・マクレガー【総合格闘技】

  • 年収:9900万ドル(日本円:約112億円)

5位:ネイマール【サッカー】

  • 年収:9000万ドル(日本円:約102億円

6位:レブロン・ジェームズ【バスケットボール】

  • 年収:8550万ドル(日本円:約97億円)

7位:ロジャー・フェデラー【テニス】

  • 年収:7720万ドル(日本円:約87億円)

8位:ステフィン・カリー【バスケットボール】

  • 年収:7690万ドル(日本円:約87億円)

9位:マット・ライアン【アメリカンフットボール】

  • 年収:6730万ドル(日本円:約76億円)

10位:マシュー・スタッフォード【アメリカンフットボール】

  • 年収:5950万ドル(日本円:約67億円)

メイウェザー年収は生涯分稼いでいる⁉︎

50戦50勝無敗という圧倒的な戦績と史上初無敗のままでの5階級制覇という偉業を達成したメイウェザー選手の年収をみていきましょう。

メイウェザー選手は、世界トップレベルにお金を稼いでいるスポーツ選手です。

その理由は、アメリカの経済誌「フォーブス」で公表される、「世界のスポーツ選手の年収上位100名」で1位に選ばれています。

2012年に初めて1位に輝くとその後も、2014年・2015年・2018年と、4度に渡り1位に輝いています。

世界で一番稼いでいるスポーツ選手こそメイウェザー 選手なのです。

以下が世界のスポーツ選手年収ランキングで1位に輝いた時の金額になります。

  • 2012年:8500万ドル(日本円:約96億円)
  • 2014年:1億500万ドル(日本円:約118億円)
  • 2015年:3億ドル(日本円:約339億円)
  • 2018年:2億8500万ドル(日本円:約313億円)

といった金額を稼いでいるメイウェザー選手。

(為替の変動がある為、金額は多少異なりますのでご了承下さい)

メイウェザー選手は、ボクサーであることから年収は毎年かなり変動がありますが、常に数十億~数百億円は稼いでいるみたいです。

2017年時点で生涯収入が約820億円とも報じられているメイウェザー選手。

年収でも生涯分を稼いでいますが、これまでの収入額は凄すぎますね。

まさに、アメリカン・ドリームです。

メイウェザー妻や女関係とは?

次にスポーツ長者であるメイウェザー選手の妻や女関係についてみていきましょう。

メイウェザー選手は高校生の時に付き合っていた恋人である、ジョシー・ハリスさんと結婚したと言われています。

1993年から2007年までの結婚生活の中で3人の子供にも恵まれ、夫婦関係はとても固く仲が良かったそうです。

幸せな家庭を築いていたメイウェザー選手ですが、ジョシー・ハリスさん以外にも何人も彼女がいました。

そのうちの一人がメリッサ・ブリムさんという顔立ち・プロモーションと、とても綺麗な女性です。

メリッサ・ブリムさんとの間にも子供が1人いるためメイウェザー選手は4人の父親でもあります。

このように2人の女性の間に子供がいるメイウェザー選手ですが、その他にも多くの女性との関係が報じられています。

メイウェザー選手は同時に7人の女性と付き合っていたと言われており、女性関係はかなり派手なものです。

ネットでアップされた動画には、メイウェザー選手がガウン姿でセクシーな女性に囲まれ、札束をばらまいているといった動画もあるそうです。

世界で一番稼いでいるメイウェザー選手の豪遊生活には今後も注目が集まりそうです。

メイウェザー逮捕歴があった⁉︎

最後に50戦50勝無敗という圧倒的な戦績を残し史上初無敗での5階級制覇を達成したメイウェザー選手の逮捕歴についてみていきましょう。

リング上では王者として君臨していますが、一人の人間としては警察と仲がいいそうです。

以下がメイウェザー選手の逮捕歴になります。

2001年10月

内縁の妻であるメリッサ・ブリムさんに自動車内で暴行したとして起訴。

2002年3月

ショッピングモールでメリッサ・ブリムさんを殴ったことで起訴。

2003年12月

別の内縁の妻であるジョシー・ハリスさんへの重暴行容疑で逮捕。

2011年12月

メイウェザー選手はジョシー・ハリスさんへの暴行や子供への脅迫、携帯電話の窃盗など最大で懲役34年の実刑を科せられる可能性がありました。

しかし、司法取引に応じて一部の罪を認めたことで、懲役90日まで減刑。

2012年6月

刑務所に収監。

2012年8月3日

刑期短縮となり出所。

以上のようにメイウェザー選手には逮捕歴があり警察にお世話になっていたことがわかります。

また、メイウェザー選手は逮捕以外にも、イギリスやオーストラリアの入国も拒否されています。

アメリカでは女性支持は無いに等しいみたいです。

リング上以外でも女性関係・豪遊・逮捕と注目を集めているメイウェザー選手。

今後のメイウェザー選手からも目が離せませんね。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする