ブッシュ元大統領父が94歳で死去!死因や原因とは?

アメリカの第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領が11月30日に94歳でこの世を去られました。

ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の息子は、11月30日に父であるジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の死後の声明を発表。

「父親であるジョージ・H・W・ブッシュが、94歳で死亡したことを発表する。

ジョージ・H・W・ブッシュは、最高の性格の男であり、息子や娘が求めることができる最高のお父さんだった。

ブッシュ元大統領の家族全員が、41代大統領の人生と愛情に、父のことを気にかけて父のために祈ってくれた皆様、そして友人や国民の皆さまの哀悼の意に深く感謝しています」

と発表されました。

最近のジョージ・H・W.ブッシュ元大統領は、妻が休息した直後に入院。

彼の血液に感染が広がった後、ヒューストンメソジスト病院に入院されました。

ジョージ・H・W. ブッシュ元大統領は5月4日に退院。

家族は、ジョージ・H・W.ブッシュ元大統領は家でうまくやっていると話しました。

5月後半、ジョージ・H・W.ブッシュ元大統領はメイン州病院に入院し、低血圧治療を受けたが約1週間後には退院。

近年、ジョージ・H・W.ブッシュ元大統領はパーキンソン病の一種として扱われていました。

その結果として車椅子と電動スクーターを使用。

ジョージ・H・W.ブッシュ元大統領は呼吸器の問題のため数回入院も繰り返されていました。

2017年4月にジョージ・H・W・ブッシュ元大統領は肺炎と慢性気管支炎で2週間を病院で過ごされました。

ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領は、2017年1月にも肺炎で入院し、滞在中は集中治療室で過ごしていました。

2年前には、首を骨折し入院。

2014年12月には息切れのために病院で約1週間を過ごしました。

ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領は、2012年クリスマスを気管支炎関連の咳などの集中治療に費やしました。

プロフィール

ジョージ・H・W・ブッシュ

【生年月日】1924年6月12日

【出身】マサチューセッツ州ミルトン

ジョージ・H・W. ブッシュ元大統領は第二次世界大戦で戦い、1966年に米下院議員に選出。

ロナルド・レーガンの副大統領を務め、1988年の大統領選で見事勝利。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする