そらのレストラン映画キャストに本上まなみ!あらすじロケ地とは?

心温まる視線で地域と人・食を描いた北海道映画シリーズ第3弾となる「そらのレストラン」

第1弾「しあわせのパン」、第2弾「ぶどうのなみだ」に続く今回の作品は循環農家に取り組む自然派農民ユニット「やまの会」がモデル。

北海道の牧場が舞台となり「チーズ」のように味わい深い仲間や家族の絆が描かれているストーリーです。

主演に北海道出身の大泉洋さん、共演に本上まなみさんといった個性派な実力キャスト陣で描かれています。

今回は北海道映画第3弾となる「そらのレストラン」のキャスト陣やあらすじ、ロケ地などをみていきたいと思います。

また、2017年に公開された映画以来の出演である本上まなみさんについてもみていきましょう。

スポンサーリンク




そらのレストラン映画キャストに本上まなみ

2019年春に公開となる映画「そらのレストラン」に出演される本上まなみさん。

2017年に公開された「二度めの夏、二度と会えない君」に出演以来となる映画出演となった今回の作品。

主演・大泉洋さんの妻・設楽こと絵役で出演される本上まなみさんの経歴など気になったのでみていきたいと思います。

本上まなみプロフィール

本上まなみ(ほんじょう まなみ)

  • 【生年月日】1975年5月1日(43歳)
  • 【出身】東京生まれ・大阪府出身
  • 【血液型】B型
  • 【職業】女優・声優・タレント・エッセイスト
  • 【所属事務所】株式会社アクラ
  • 【デビュー】1993年

本上まなみさんは1993年のドラマ「じゃじゃ馬ならし」に秋野リカ役で本格的にデビュー。

1995年には、ユニチカ水着キャンペーンモデルに起用されグラビアアイドルとしても活動。

数々のCMやバラエティ番組・ナレーターといった様々な活動をされています。

女優としてもテレビドラマや映画にも数多く出演され活躍されています。

2002年12月には18歳年上の当時マガジンハウス編集者であった沢田康彦さんと結婚。

2006年8月に第一子の妊娠を発表され、長女を出産されました。

そして2013年3月には第二子となる男の子を出産。

出産後も多くのテレビドラマやラジオ番組などに出演され活躍をされます。

主な出演作品は「幸福スイッチ」「ビー・バップ・ハイスクール」などに出演されています。

そして今回の作品では約2年ぶりとなる映画出演となり注目が集まっています。

北海道映画第3弾となる「そらのレストラン」ではどのような演技をみせてくれるのか今から楽しみです。

そらのレストラン映画キャストとは?

次に映画「そらのレストラン」の豪華キャスト陣をみていきたいと思います。

個性派な実力キャストが揃った今回。

早速みていきましょう!

設楽亘理〈チーズ工房の経営者・主人公〉

大泉洋(おおいずみ よう)

設楽こと絵〈亘理の妻〉

本上まなみ(ほんじょう まなみ)

神戸陽太郎〈牧羊〉

岡田将生(おかだ まさき)

石村甲介〈米・大豆農家〉

マキタスポーツ

富永芳樹〈トマト・野菜農家〉

高橋努(たかはし つとむ)

野添隆史〈漁師〉

石崎ひゅーい(いしざき ひゅーい)

朝田一行〈札幌の有名ビストロのカリスマシェフ〉

眞島秀和(ましま ひでかず)

大谷佐弥子〈雄二の妻〉

風吹ジュン(ふぶき じゅん)

大谷雄二〈チーズ職人〉

小日向文世(こひなた ふみよ)

石村美智〈甲介の妻〉

安藤玉恵(あんどう たまえ)

稲熊〈役場の職員〉

鈴木貴之(すずき たかゆき)

設楽潮莉〈亘理の娘〉

庄野凛(しょうの りん)

以上が映画「そらのレストラン」の豪華キャスト陣になります。

北海道の牧場を舞台にどのようなストーリーを展開してくれるのか今から注目ですね。

そらのレストラン映画あらすじ

映画「そらのレストラン」の気になるあらすじをみていきたいと思います。

あらすじをご希望されない方は注意してくださいね。

北海道のせたな町で暮らす設楽亘理、妻のこと絵、娘の潮莉の3人家族。

今日も食卓では「いただきます」という明るく元気な声が響き渡っています。

亘理は綺麗な海の見える牧場で酪農を営んでいます。

自然に寄り添った食を追求する仲間や大切な家族に囲まれて幸せいっぱいの日々を送っています。

神戸という都会からやって来た若者、札幌の天才シェフと言われている人もいつのまにか仲間となっていきます。

亘理は自分の牧場の牛乳で、この地でしか食べられないチーズを作ることが夢でした。

しかし、師匠であるチーズ職人・大谷にはまだ追いつけず落ち込んだり奮起したりの毎日。

そんな時、亘理は一つのアイデアを思いつくのでした。

そのアイデアとは、地元であるせたな町の「美味しいもの」をもっと多くの人に届けるために、1日限定のレストラン開くことでした。

しかし、亘理は納得いくチーズが完成せず悩んでいたある日。

突然、師匠であるチーズ職人・大谷が倒れてしまいます…。

1日だけのそらのレストランは果たして成功するのでしょうか。

そらのレストラン映画ロケ地とは?

最後に映画「そらのレストラン」のロケ地についてみていきたいと思います。

大泉洋さん主演映画である「そらのレストラン」のロケ地は北海道の西部にあるせたな町を中心に行われました。

撮影期間は、2017年9月下旬に秋編の撮影、2018年1月中旬に冬編のロケと2時期に分けて撮影されました。

エキストラを交えての朝市の撮影行われていたそうです。

ちょうど函館の北側に当たるせなた町は昔から酪農が盛んな町みたいです。

今回、設楽牧場の舞台となったのがせなた町にある村上牧場でした。

村上牧場のあるせなた町では、北海道の中でも「放牧酪農」が盛んな地域で、約3割の酪農家が放牧酪農をされているみたいです。

放牧酪農とは、生産コストを低減して、草食動物としての牛の生態に沿った酪農スタイルです。育てる側と育つ牛の双方が無理なく生活していくためのあり方として考えられています。

村上牧場は雄大な自然が感じられる美しい牧場としても有名みたいです。

牧場ならではのアイスクリームやチーズ・牛乳などが販売され人気を集めています。

ファンからの目撃情報もあり、クランクインした初日には村上牧場でキャストと岡田将生さんの撮影もあったそうです。

2019年春に公開される映画「そらのレストラン」で更に注目が集まるせなた町の村上牧場。

高台からみる夕日は絶景だそです。

映画「そらのレストラン」のロケ地に一度足を運んでみたいですね。

AD2



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする