原晋監督の経歴と名言とは⁉︎原晋書籍本おすすめとその内容とは⁉︎

箱根駅伝4連覇に導いた名将・原晋監督。

箱根駅伝の季節が近づくと話題に上がってくるのが青山学院大学を率いる原晋監督ではないでしょうか⁉︎

誰も知らない無名の監督であった原晋監督。

営業マンとして実績を積み重ねる中で様々なことを学んだ原晋監督はスポーツにその経験を持ち込まれました。

今までの常識を打ち破ったチーム作りや人材育成。

今回は低迷していた大学を大学駅伝界の王者へと導いた原晋監督についてみていきたいと思います。

原晋監督の経歴やプロフィールをみていきながら、これまでの原晋監督の名言についてもみていきましょう。

また、原晋監督著書のおすすめの本もみていきたいと思います。

スポンサーリンク




原晋監督の経歴とプロフィール

原晋(はら すすむ)

  • 【生年月日】1967年3月8日(51歳)
  • 【出身】広島県三原市糸崎町
  • 【家族】原美穂(青山学院大学町田寮:寮母)

【職業】

  • 青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督
  • 青山学院大学地球社会共生学部教授(2019年4月~)
  • 関東学生陸上競技連盟評議員
  • GMOアスリーツアドバイザー
  • 埼玉医科大学客員教授

【経歴】

  • 世羅高校
  • 中京大学
  • 中国電力陸上競技部
  • 青山学院大学陸上競技部監督

原晋監督:現役時代

広島県三原市糸崎町松浜東に生まれた原晋監督。

幼い頃は活発で運動万能の少年でした。

しかし、小学2年生の頃に漁港で足を複雑骨折してしまし長期入院をしていた原晋監督。

この骨折を機にリハビリを兼ねて町内をジョギングし始めました。

雨の日も休まず、自分お決めたことはやり通し続けました。

この経験が原晋監督と陸上競技とのきっかけ・出会いになりました。

中学から陸上部に入り長距離を始めた原晋監督は、中一のマラソン大会で校内1位に輝くなど活躍をみせました。

世羅高校に進学した原晋監督は高校3年の時に主将として全国高校駅伝に出場し2位に輝きました。

その後、原晋監督は世羅高校OBが監督を務められていた中京大学に進学。

1989年には中国電力に入社。

陸上競技部の創設に参加し、1993年に全日本実業団駅伝初出場に貢献されました。

しかし、入社5年目の1995年に故障が原因で27歳という若さで現役を引退。

その後、原晋監督は10年間中国電力のサラリーマンとして活躍されました。

配属された支店では社内で一番の売り上げ実績を残し「伝説の営業マン」と自称。

原晋監督の新たなスタートが始まろうとしていました。

原晋監督:監督時代

中国電力で活躍をみせていた原晋監督。

しかし、原晋監督が36歳の時に母校である世羅高校の関係者からある紹介を受けました。

そして2004年に突如中国電力を退社。青山学院大学・陸上競技部の監督に就任されました。

妻・原美穂さんには事前の相談もなく

「中国電力を退社して、青学陸上部監督になった。箱根駅伝で必ず優勝させるから、夫婦で東京の寮に住み込もう」

と突如言われた美穂さんは猛反対し続けたそうです。

また、監督就任の条件は3年間の期限付きとなる雇用でした。

しかし、原晋監督は中国電力と青学との関係がないため、退職して就任しか道はないと決断します。

「3年で結果を出したら3年後の身分保証をお願いしたい。結果がでない場合はその必要もいらない」

と自らの退路の旨を表明されていました。

監督就任時は、強豪校のスカウトには苦労した原晋監督。

3年で箱根駅伝出場・5年でシード権獲得・10年で優勝争い

と宣言していた原晋監督でしたが、就任3年目の予選会で16位に惨敗した青学は廃部寸前。

激しい批判にあった原晋監督でしたがもう1年様子をみることになりました。

しかし、第84回箱根駅伝で学連選抜の監督として総合4位に導いた原晋監督。

翌年2009年第85回記念大会では史上最大33年のブランクを経て箱根駅伝出場に導きました。

2010年には総合8位となり41年ぶりとなるシード権を獲得。

2012年には第24回出雲駅伝に出場し、学生三代駅伝初優勝を飾りました。

そして2015年第91回箱根駅伝で青山学院大学は初の総合優勝。

2016年第92回箱根駅伝では2年連続となる完全優勝を達成。

絶対王者として迎えた2016年シーズン。

第28回出雲駅伝を2年連続3回目の優勝で勢いをつけた青山学院大学は、第48回全日本大学駅伝で初優勝。

そして2017年第93回箱根駅伝で完全優勝となる大会3連覇を達成。

「大学駅伝三冠」の称号も手にした原晋監督率いる青山学院大。

2017年第94回箱根駅伝では3年連続の完全優勝が期待されましたが、往路で東洋大学に36秒差で2位。

しかし、王者・青山学院大学は6区で逆転し独走状態となりました。

その結果、史上4校目となる箱根駅伝総合4連覇を達成されました。

歴代2位となる箱根駅伝総合5連覇に向け新たなスタートを切られました。

2018年度は陸上競技だけにとどまらず様々なメディアに出演され政治や教育など色々な分野で意見や持論など述べられています。

今後も名将・原晋監督には今以上の注目が集まりそうです。

原晋監督 名言とは⁉︎

次に青山学院大学を4連覇に導いた原晋監督の名言をいくつかみていきたいと思います。

サラリーマン時代に培った経験を元に結果を出し続けている原晋監督の名言とは一体⁉︎

早速みていきましょう!

名言①

どうすれば夢が実現するか?できる理屈を積み上げていく、その繰り返しですね

名言②

勝つためには泥くさいことを積み重ねていかなければならない。

名言③

レースで1分1秒を気にするのに私生活で1秒を無駄にするのはおかしい

名言④

小さな成功体験を積み重ねることで自信がつき、それがゆくゆくは大きな成功につながる

名言⑤

しっかりと自分の軸を持って本物を追求すれば、いつか周りが認めてくれる。本物だけが、勝ち続けられる。

以上が青山学院大学・原晋監督のごく一部の名言になります。

人材育成やチームの成長にはこのような考え方が必要になってくるんだと実感しました。

今の学生はもちろんですが、現在の社会人にとっても心に響く名言ですね。

原晋監督著書おすすめ本と内容

最後に原晋監督著書のおすすめの本・作品をみていきましょう。

おすすめ①

逆転メソッド 箱根駅伝のビジネスも一緒です(祥伝社新書)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逆転のメソッド 箱根駅伝もビジネスも一緒です (祥伝社新書) [ 原晋 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/11/16時点)

楽天で購入

【内容】

2015年第91回目の開催となった箱根駅伝で、初優勝を飾った青山学院大学。

優勝に導いたのは、「伝説の営業マン」だった原晋監督。

長きにわたり箱根駅伝出場から遠ざかっていた青山学院大学陸上競技部。

急成長をみせ躍進していった秘密は、原晋監督の指導法にありました。

約10年間のサラリーマン時代にトップ営業マンとして活躍されていた原監督。

ビジネスでの営業手法を、駅伝の指導に応用した原晋監督は高い目標設定と、それを実現させるためにはどうするか考えさせます。

そして、原晋監督はビジネスも駅伝も同じだとこの本で言い切っています。

不屈の精神で逆転してきた原晋監督の「理論と情熱」を併せ持った指導法や交渉力などが書かれています。

スポーツ選手、箱根駅伝ファンはもとより、ビジネスマン・部活動の指導者・就職活動中の学生にもおすすめの一冊となっています。

おすすめ②

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉[本/雑誌] / 原晋/著
価格:1404円(税込、送料別) (2018/11/16時点)

楽天で購入

【内容】

2015年の箱根駅伝まで、誰も知らない無名の監督であった原晋監督。

更に、現役時代は箱根駅伝出場・オリンピック出場などという華々しい経歴はありませんでした。

そんな原晋監督が、なぜ青学陸上競技部で結果を出せたのか⁉︎

その結果は、営業マンとして実績を積み重ねる過程での学びが大きく繋がっていました。

「チームをつくり上げるにはなにが必要なのか」

「人を育てるとはどういうことなのか」

といった、たくさんのことを学んだことが一番重要となりました。

そして、その経験をスポーツの現場に持ち込めば成功するのではないかと思っていた原晋監督。

今までの常識にとらわれず、陸上界の常識を打ち破ることができたのもこの経験があったからだと…。

ビジネスのグラウンドには「人と組織」を強くするノウハウがたくさん埋まっていると原晋監督は言います。

ビジネスの現場で役立てたい方にはおすすめの一冊となっています。

おすすめ③

勝ち続ける理由(祥伝社新書)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

勝ち続ける理由 [ 原晋 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/11/16時点)

楽天で購入

【内容】

一度勝ちより、連勝するほうが難しい。

2016年第92回箱根駅伝で、青山学院大学は前年の優勝に続き連覇を成し遂げました。

また、箱根駅伝史上39年ぶりとなる完全優勝を達成しました。

青山学院大学を連覇に導いたのは「伝説の営業マン」であった原晋監督でした。

なぜ、脅威の連覇を達成できたのか⁉︎この本には、初優勝から連覇までの道のり、勝ち続ける理由や勝ち続ける組織の秘密について書かれています。

また、チームの組織運営だけでなく、個人を指導する秘訣をタイプ別・シチュエーション別に詳しく紹介。

駅伝ファンの方々や様々な組織のリーダーにお薦めの一冊となっています。

以上が原晋監督著書のおすすめ本になります。

ビジネスマンやこれから就職し社会人になっていく方々にはおすすめの本になっています。

是非一度、読んでみてください。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする