矢口真里スキャンダル内容!梅田賢三とクローゼット馬乗り⁉︎そして再婚へ

元モーニング娘。のメンバーとして今も芸能界で活躍している矢口真里さん。

モーニング娘。では第3代リーダーとしてモーニング娘。を引っ張り、初代ミニモニ。のリーダーも務めた矢口真里さん。

歌手活動だけでなく、バラエティーにも出演し様々な番組で活躍されている矢口真里さんですが、現在はモーニング娘。のイメージよりスキャンダルの印象の方が強くなってきた矢口真里さん。

矢口真里さんは過去2回スキャンダルを報じられてきましたが、そのスキャンダルの内容はいったいどういう内容だったのか、そして現在の矢口真里さんはどうなっているのか、矢口真里さんの経歴と一緒にまとめてみましたのでみていきましょう。

スポンサーリンク




矢口真里 スキャンダルから再婚までの経歴

  • 矢口真里(やぐち まり)
  • 【生年月日】1983年1月20日(35歳)
  • 【出身】神奈川県横浜市泉区
  • 【血液型】A型
  • 【職業】歌手・タレント
  • 【活動期間】1998年〜2013年10月・2014年10月〜
  • 【所属事務所】アップフロントプロモーション(1998〜2013年10月)→アップフロントクリエイト(2013年10月〜)

【経歴】

1998年5月に保田圭さん、市井紗耶香さんと共にモーニング娘。2期メンバーとして加入しました。

その年の10月には石黒彩さん、飯田圭織さんとモーニング娘。グループ内ユニットであるタンポポを結成しました。

モーニング娘。は12月31日に第40回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、「NHK紅白歌合戦」にも初出場をしました。

2000年には辻希美さん、加護亜依さんと3人組ユニットであるミニモニ。を結成しリーダーに就任した矢口真里さん。

ミニモニ。はその後ココナッツ娘。のミカさんを加え4人ユニットとして2001年1月にミニモニ。として正式なデビューを飾りました。

2002年9月23日に飯田圭織さん、加護亜依さんと共にタンポポを卒業され、翌年2003年2月にはミニモニ。を卒業しました。

5月5日、保田圭さん(初代サブリーダー)のグループ卒業の後を受け、モーニング娘。第2代サブリーダーに就任した矢口真里さんは、7月にZYXを結成しリーダーに就任。

8月にはROMANSを結成しました。

9月にモーニング娘。は一時的に分割されると、矢口真里さんは安倍なつみさんが率いる「モーニング娘。さくら組」に加入しました。

10月にはバラエティ番組にレギュラー出演し、矢口真里さんはバラエティでも活躍を見せはじめました。

2004年1月25日、安倍なつみさんの卒業により「モーニング娘。さくら組」の第2代リーダーに就任しました。

2005年1月30日に飯田圭織さん(第2代リーダー)のグループ卒業の後を受け、モーニング娘。第3代リーダーに就任した矢口真里さんでしたが、4月10日の大阪でのコンサートが矢口真里さんのモーニング娘。としての最後のステージになりました。

4月14日、翌日販売の写真週刊誌「フライデー」に小栗旬さんとの連泊した写真記事が掲載され、矢口真里さんはモーニング娘。を脱退することが発表されました。

その後2年間はコンサートやスポーツフェスティバルでは司会者としての参加になった矢口真里さん。

2006年にはドラマ「銭湯の娘⁉︎」で連続ドラマ初主演を務める矢口真里さん。

2011年1月28日に、他のモーニング娘。OG9人と共にドリームモーニング娘。を結成し5月には広島ALSOKホールでコンサートツアーを行い、矢口真里さんはステージ上で、交際中の俳優・中村昌也さんとの婚約を発表し、5月22日に婚姻届を提出し、東京都内のホテルで結婚報告の記者会見を行いました。

しかし、2013年5月下旬、この年の2月に自宅にて元モデルの男性と不倫中に中村昌也さんが帰宅し、不倫男性と鉢合わせしたことが報道にて発覚すると、5月30日に中村昌也さんと離婚。

不倫問題の影響で全てのレギュラー番組や雑誌コラム連載打切りとなりメディアへの露出がなくなってしまい、10月13日に所属事務所より正式に無期限の芸能活動休止が公表されました。

2014年10月23日には「情報ライブミヤネ屋」に生出演し、約1年4ヶ月ぶりに芸能活動を再開しました。

矢口真里さんは不倫問題について「すべて私が悪い」と謝罪を行い、12月には復帰後初のバラエティ番組にも出演されました。

そして、2018年3月26日に元モデルで不倫相手と報じられていた一般男性と再婚され、現在はテレビ番組にも出演し活躍をされています。

矢口真里のスキャンダルの内容

矢口真里さんのスキャンダルと聞けば、多くの方は2013年の不倫騒動を思い浮かべるかもしれませんが、矢口真里さんは2013年のスキャンダルが2回目のスキャンダルだったのです。

その1回目、2回目のスキャンダルの内容をまとめてみましたのでみていきましょう。

  • 【1回目のスキャンダル内容】

ある番組内で矢口真里さんは「もしかしたら、皆さんの中では1回の谷だって印象づいているかも知れないんですけど、実は2回谷がありまして」と自身のスキャンダルについて告白した矢口真里さん。

2005年に週刊誌に写真を撮られてモーニング娘。を脱退することになった矢口真里さんですが、その時の相手が俳優・小栗旬さんだったのです。

小栗旬さんとの交際は事実であり、2人は2004年頃から交際しており、矢口真里さんは人気アイドルモーニング娘。として全盛期の頃でした。一方、その頃の小栗旬さんは駆け出しの無名俳優であり、認知度は低く、週刊誌に報じられた際も、小栗旬?といったような反応で矢口真里さんの方が世間の認知度は高かったようです。

2人の出会いのキッカケをつくったのが初代モーニング娘。のリーダー中澤裕子さんだったそうです。

中澤裕子さんと小栗旬さんの接点は、2002年から放送されたドラマ「ごくせん」での共演がキッカケで仲良くなり、矢口真里さんを紹介するという流れになり交際にいたったみたいです。

しかし、モーニング娘。は恋愛禁止ルールがあり、脱退か別れて活動継続のどちらかを選択しなければいけないルールがあったそうで、2005年の交際のフライデーが報じられた際、矢口真里さんは仕事より小栗旬さんを選択しグループを脱退しました。

芸能界を離れてでも彼と一緒にいたいと思い選択した矢口真里さんですが、2006年に破局してしまったそうです。

小栗旬さんとのスキャンダルの内容はこのような背景だったみたいですね。

  • 【2回目のスキャンダル内容】

2回目のスキャンダルの内容はみなさんも知っているとは思いますが、モーニング娘。脱退後に俳優・中村昌也さんと結婚し、おしどり夫婦として世間に知られていた矢口真里さんでしたが、中村昌也さんがいるにも関わらず参加した合コンで、モデルの梅田賢三さんと不倫関係になってしまい、その現場を中村昌也さんにみられてしまい、矢口真里さんと中村昌也さんは別居。

そして2013年に離婚という内容であり、その時の状況の内容としては、中村昌也さんがドラマの撮影で地方にロケで行っている間に、留守を狙い不倫相手の梅田賢三さんを自宅に呼び、予定より早く仕事が終わって帰宅した中村昌也にその現場を見られてしまうという内容でした。

中村昌也さんとのスキャンダルにはこのような背景があったんですね。

矢口真里の今!再婚相手はクローゼット馬乗り梅田賢三⁉︎

スキャンダル後の現在の矢口真里さんは、いったいどのようにされているのか気になるところですが、実は、2018年3月26日に元モデルで不倫相手であった梅田賢三さんと再婚されていました。

5年間の交際を経て結婚された梅田賢三さんはモデルの仕事を引退し、現在は一般企業で働かれているそうです。

また、矢口真里さんも番組に少しずつ出演し活躍されています。

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする