ドラフト2018候補高校生目玉は根尾昴!経歴と評価が凄い

2018年夏の甲子園!今年も数々のドラマを生み、たくさんの感動を多くの人に与えてくれた高校球児。

また、今年の夏の甲子園は100回目を迎え記念の大会となった甲子園では、100回記念大会にふさわしい感動や記録を生み、大いに盛り上がった甲子園。

その中でも、2018年のドラフトの目玉として甲子園が始まる前から注目を浴びていたのは、史上初2度目の春夏連覇を達成した北大阪代表大阪桐蔭高校の根尾昴くんではないでしょうか。

根尾昴くんは2018年のドラフト上位指名候補として注目され、多くの人から期待されている中で、甲子園の舞台では期待通りの成績を残し、大阪桐蔭高校を史上初2度目の春夏連覇という偉業に貢献した根尾昴くん。

果たして2018年のドラフトではどの球団が根尾昴くんを引き当てるのか楽しみですよね。

ドラフト前に、史上初2度目の春夏連覇を達成し、プロの世界でも将来を期待されている大阪桐蔭高校根尾昴くんの経歴や評価を見ていきましょう。

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は吉田!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は小園海斗!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は藤原恭大!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は太田椋!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は富士大学鈴木翔天!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は東洋大学甲斐野央!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は早稲田大学小島和哉!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は亜細亜大学頓宮裕真!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は法政大学中山翔太!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉は日本通運生田目翼!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉はHonda齋藤友貴哉!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉はトヨタ自動車富山凌雅!評価と経歴

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉は東京ガス笹川晃平!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉は日本生命高橋拓巳!経歴と評価

スポンサーリンク




ドラフト2018候補根尾昴の経歴

  • 根尾昴(ねお あきら)
  • 生年月日】2000年4月19日(18歳)
  • 【出身】岐阜県飛騨市
  • 【身長】177cm
  • 【体重】75kg
  • 【ポジション】ショート・センター・ピッチャー
  • 【投打】右投左打

【経歴】

  • 河合小学校(7~12歳)

小学校2年生の時に「古川西クラブ」で野球を始めた根尾昴くんの野球人生のスタートでした。

  • 古川中学校(13~15歳)

古川中学校に入学した根尾昴くんは「飛騨高山ボーイズ」に入団しました。

この頃から注目をあびていた根尾昴くんは、中学の時点で球速が145km/h出ていたそうです。

中学3年生の時にはトルネード投法で知られる元メジャーリーガーの野茂茂雄さんが総監督を務める、「NOMOジャパン」の選抜メンバーに選出され、日の丸を背負ってアメリカ遠征も行った中学生時代でした。

  • 大阪桐蔭高校(16~18歳)

「僕はプロ野球選手になりたいです。よろしくお願いします。」と、根尾昴くんは自分の思いを西谷監督に伝え大阪桐蔭高校に入学しました。

大阪桐蔭の西谷監督が根尾昴くんの事を知ったのは、中学2年生の時でした。

根尾昴くんはその当時、飛騨高山ボーイズに所属しており、大阪の「枚方ボーイズ」と対戦することになり西谷監督は親交があった当時の監督である鍛治舎監督(熊本代表・秀岳館高校を3季連続で甲子園の4強に導いた監督)に連絡を取り「実力を見てもらえないか」と依頼しました。

結果は、枚方ボーイズが勝利を収めたが、中学2年生の根尾昴くんが1点しか与えなかった聞いた西谷監督は驚いたそうです。

「これが2年生なら、かなりの逸材」と西谷監督にメールが届き、その後、西谷監督は根尾くんが出ている試合に駆けつけ最初に見たショートでのプレーに西谷監督は惚れ込んでしまいます。

西谷監督が求めている野球への情熱も申し分なく、その後も岐阜へ何度も足を運び大阪桐蔭高校の育成方針を話した西谷監督でしたが、親が医者で学業も優秀と聞いた西谷監督は根尾昴くん本人の意思が気になっていました。

中学3年の6月に大阪桐蔭の練習を見学に来た根尾くんに西谷監督は「日本一を目指して一緒に頑張らないか」と伝えた。

その後に西谷監督は「医者を目指すなら今日でお別れにしよう」と西谷監督はこの日が意思確認の期限と決めていました。

根尾くんは「僕はプロ野球選手になりたいです。よろしくお願いします。」と自分の思いを口にし、後日両親からの正式な入学意思を伝えられた西谷監督は責任の重さをかみしめ、根尾昴くんを大阪桐蔭高校に迎え入れました。

大阪桐蔭高校に入学した根尾昴くんは1年夏から背番号18を付けベンチ入りをすると、1年秋の大阪府4回戦・大阪偕星戦に代打で出場した根尾くんは、公式戦初ヒットを勝ち越しとなる左中間ソロホームランで飾り、公式戦初マウンドでは準々決勝北野戦で7回9奪三振3四死球完封勝利を飾りました。

近畿大会では全3試合に中軸で出場し準々決勝で中堅右ソロホームランを放つなど活躍を見せました。

2年生になり春の選抜にショート・センター・ピッチャーとして、決勝戦を除く4試合にスタメンで出場し豪快なスイングを見せ大阪代表履正社高校との大阪代表対決を制して見事選抜優勝を飾りました。

春夏連覇を目指し望んだ夏の甲子園では3回戦で仙台育英高校に2-1で破れ春夏連覇は叶えられませんでした。

3年生になり望んだ春の選抜大会では和歌山代表の智弁和歌山高校を5-2で破り見事優勝。そして、第100回となる夏の甲子園では史上初2度目の春夏連覇が期待されて挑みました。

1回戦では栃木代表作新学院と対戦し根尾昴くんのレフト線への3塁打で先制するとそのままの流れで見事勝利しました。

続く2回戦南福岡代表沖学園戦では先発として出場し、本塁打2本を浴び4失点を奪われますが7奪三振を奪い踏ん張り、打ってはバックスクリーンにホームランを放ち3打数2安打1本塁打2四死球と活躍を見せ勝利。

3回戦では富山代表高岡商業3-1で下し接戦を制しました。準々決勝では南埼玉代表浦和学院と対戦し、優勝候補同士の対戦を11-2で勝利しました。

先発としてマウンドに上がり5回2失点6奪三振を奪い、打っては今大会2回目となる藤原選手とのアベックホームランを放ちました。

準決勝は愛媛代表済美高校対戦し5-2で接戦を制し決勝戦に駒を進めました。

決勝戦では今年の高校生No.1投手である秋田県代表金足農業高校と対戦し、史上初2度目の春夏連覇の大阪桐蔭か、初の東北勢優勝を目指す金足農業高校と、見どころ満載の決勝戦は5番ショートで出場した根尾昴くん。

根尾くんはチームを勢い付ける3ランホームランを放つなど4打数1安打1本塁打の成績を残し、見事史上初2度目の春夏連覇を達成しました。

甲子園後は「U-18侍ジャパン」に選出され、アジア選手権に出場しています。

今後の根尾昴くんの活躍が楽しみですね。

ドラフト2018候補根尾昴の評価

次に2018年ドラフト候補であり上位指名が期待されている、大阪桐蔭・根尾昴くんの評価や特徴からどのような選手なのか見ていきたいと思います。

根尾昴くんは身長177cm、体重76kgとバランスのとれた体格の選手であり、運動能力が非常に高くショート・センターを守りピッチャーとしても中学生の頃から注目されています。

打者としての根尾くんは、思い切り振り切るスイングから広角にヒットや長打を飛ばすことのできる左打者であり、高校1年生の時には公式戦初打席に代打として登場し、左中間にソロホームランを放ち戦列なデビューをしました。

守備では高校1年生の頃からショート・センターを守り、高い運動能力を活かして広い守備範囲でピッチャーを助けることのできる選手。

また、50mを6秒1で駆け抜ける瞬発力も根尾くんの武器ですね。

投手としては最速148km/hのストレートを武器とする本格派右腕の根尾昴くんは、肘を柔らかく使い鋭い腕の振りから繰り出される最速148km/hのストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップを扱い体のバネを上手く使い打者を翻弄していく投手・根尾昴くん。

制球にはバラツキが見え、シュート回転のボールもあるが常時140~145km/hのストレートとスライダーを使い分け投げ込むピッチャーとしての根尾昴くんにも今後期待したいですね。

ドラフト2018候補根尾昴の球団評価

根尾昴くんはプロのスカウトからどのような評価をされているか気になりますね。

各球団のスカウトの評価をみていきましょう。

  • 巨人スカウト部長のコメント

【ポテンシャルが高く、センスの塊】

  • ソフトバンクスカウト部長コメント

【悩ましい存在。投手としても絶対にいいけど、それ以上に野手としての能力が高い。野手としてはすでにトップクラス】

  • オリックススカウト部長コメント

身体能力が高い。高校生トップクラスだが、これからますます楽しみ】

  • 楽天スカウト部長コメント

【潜在能力が高い。楽しみな選手。ドラフト1位の12人には入るだろう】

各球団からはとても高い評価をもらっている根尾昴くん。

野手として投手として、どちらとも期待されている根尾くんは果たしてどの球団に入るのか、今から楽しみですね。

ドラフト2018候補根尾昴の運動神経

史上初2度目の春夏連覇の立役者でもあり野球の才能はトップクラスの根尾昴くんですが、野球以外でも根尾くんには才能がありました。

野球一筋かと思っていた根尾昴くんですが、実はスキーや陸上でも才能があり、岐阜県飛騨市出身の根尾くんは2歳の頃からスキーに親しみ、スキーの腕を小さい頃から磨いていた根尾くんは、中学2年生の時、第52回全国中学校スキー大会のスラロームで日本一になり、イタリアで行われた国際大会に出場し、野球を辞めスキーの道に行くのではと噂をされたほどの実力の持ち主なのです。

陸上では、小学校時代は50m走で5秒8の記録を出し、全国5位の成績を納め、ソフトボール投げでは89mを投げ当時歴代1位の記録も持っていた根尾昴くん。

根尾くんは様々なスポーツを通してバランス能力や下半身の強さ、柔軟性を身につけ、今の野球に活かしているんですね。

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は吉田!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は小園海斗!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は藤原恭大!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補高校生目玉は太田椋!経歴と評価が凄い

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は富士大学鈴木翔天!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は東洋大学甲斐野央!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は早稲田大学小島和哉!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は亜細亜大学頓宮裕真!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補大学生目玉は法政大学中山翔太!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉は日本通運生田目翼!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉はHonda齋藤友貴哉!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉はトヨタ自動車富山凌雅!評価と経歴

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉は東京ガス笹川晃平!経歴と評価

関連記事 → ドラフト2018候補社会人目玉は日本生命高橋拓巳!経歴と評価

記事下1




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする